VAPEのデザイン性とファッション

VAPEとは電子タバコのことで、火を使わないので有害なタールや一酸化炭素を発生しない物です。電子タバコは普通のタバコよりも多少、大きな形状をしていて、葉巻型やパイプ型などのデザインが強調されているものがほとんどです。タバコの代用品として使うだけでなく、ファッションとして使用することが最近では多いようです。電子タバコの値段は5000円から1万円くらいで、普通のタバコに比べると、ちょっと高いですが、リキッドカートリッジを交換して使えるので、長く使っていると普通のタバコよりもランニングコストが安くなります。1箱400円のタバコを1日で吸っているような方は、2週間程度で電子タバコの方が安く済むようになります。日本で発売されている電子タバコにはニコチンが含まれていません。ヘビースモーカーの方の禁煙を補助する代用品としてもすぐれていると言えるでしょう。

タバコをやめることができない方にVAPE

タバコを吸っている方は健康のことを心配しているでしょう。特にヘビースモーカーの人は肺ガンや狭心症、心筋梗塞、脳卒中などの成人病になりやすいと言われています。喫煙の代用品としてVAPEという物があります。それは電子タバコと呼ばれていて、タバコの葉を使わず、燃焼のための火気も使っていません。それなのでニコチンも含まれていないし有害なタールや一酸化炭素も発生しません。電子タバコを使うことにより、ニコチン中毒が治療されるというものではありませんが、電子タバコを吸っていれば気を紛らわすことができるので、喫煙に対しての精神的依存を解消させることができます。日本ではニコチンの含まれてい電子タバコは販売が禁止されています。だから安心してVAPEを吸うことができます。未成年でも電子タバコを吸うことができますが、喫煙への誘因になるとして子どもへの販売を禁止している売店もあります。また、タバコではないからと言って禁煙車両などで吸うのはマナー違反になりますので、控えるようにしなければなりません。

タバコみたいだけどタバコじゃないVAPE

つまりは電子タバコのファッショナブルなもの、おしゃれなものという認識で間違いないかと考えます。日本で売られているVAPEにはニコチンが入っておらず、禁煙の苦しさを紛らわす(口元の寂しさ等)ものとしての側面があります。実際には中毒症状を緩和する成分はないですが、まあ雰囲気が味わえるということです。日本ではまだあまり馴染みがないかもしれませんが、海外ではかなりポピュラーで、ニコチン入りのものもあったりしますが、これはもう普通にタバコですね。専用のリキッド(香り付きの液体)を水蒸気にして出すので、煙ではありませんが、煙みたいな白い水蒸気が出ます。フルーツや花の香りなど、フレーバーは実に種類が豊富ですし、実際かなりいい匂いがします。嗜好品というよりは、ファッションという位置付けがしっくりくるようになってきたVAPEを一度試してみてはいかがでしょうか。

電子タバコ(VAPE)が、禁煙中に感じる口寂しい気持ちを満たしてくれます。 タバコを吸っていると気になる口臭も、原因のタールを含まないので安心。 定番のタバコ風味からフルーツやお菓子の味など、豊富なリキッドも魅力です。 タバコを吸うことを「Smoking」、電子タバコを吸うことを「Vaping」といいます。 VAPEのことなら当サイトがおすすめです

Comments are closed.