予防歯科は神戸市の歯医者さんで

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虫歯の治療だけではなく、今では予防歯科と言う言葉も定着してきました。予防歯科とは、虫歯や歯周病にかかる前に行う適切な処置のことです。歯科に限らず日本の医療は状態が悪くなってから病院に通う治療がメインですが、医療の進んだ国々では病気にかからないように事前に対処する予防に力を入れています。歯医者さんでの予防治療は例えば歯のクリーニングが挙げられます。自身による歯磨きでは綺麗にしきれない歯の汚れを、歯科医や歯科衛生士による機械を使ったクリーニングで歯垢や汚れを除去することで歯の衛生環境を正常に保ち虫歯を予防します。
神戸市内でも予防歯科への取り組みを行っている歯医者さんもありますので、虫歯になる前に受診してみてはいかがでしょうか。

日本人の8割が罹患している歯周病

予防歯科の取り組みでは、歯周病予防も盛んに行われています。日本人が歯を失う最大の要因が歯周病と言われています。成人の8割が歯周病、歯槽膿漏を罹患しているという怖いデータもあります。歯周病は歯を支えている丈夫な骨が細菌の出す毒素によって溶けていくという病気です。歯周病に罹患すると歯茎が痩せ歯が長くなったように見えたり、冷たい物がしみる知覚過敏や口の中のネバ付き、口臭といったトラブルを引き起こします。
予防歯科では歯のクリーニングで細菌の除去や内服薬による細菌除去法も有力な手段として用いられます。
また、歯科衛生士による歯磨き指導を受けることも大切です。歯と歯の間のスキマは年齢を重ねるごとに広がっていきます。このスキマのケアが歯周病予防に効果的です。歯の間を細めのブラシで磨いたりフロスを使用したりすると良いです。歯科衛生士の指導を受け、なるべく歯周病に罹患しないようにしましょう。

仕事が忙しい人も土日診療なら安心

予防のため治療のために歯医者さんに通うことが重要なこととは理解していても平日は仕事が忙しい方や学生さんは歯医者さんに行くことが難しいという問題が有ります。歯医者さんへ行けずに細菌による歯の浸食、ダメージが蓄積し虫歯が酷くなり痛みが激しくなる可能性が有ります。なかなか歯医者さんへ行くことが出来ないという方も神戸市内で土日に診療、診察してもらえる歯医者さんが有るので是非、調べてみることをおすすめします。医院によっては土日の診療と併せて夜9時頃まで診察している医院もあります。これにより、幾分か歯医者さんへ通うハードルが下がるという方も大勢いるのではないでしょうか。週末治療で予防歯科や虫歯の治療を積極的に行い歯の健康を維持しましょう。