VAPEで無理なく禁煙をする

VAPEは電子タバコです。日本では電子タバコと呼ばれていますが、海外ではVAPEと呼ばれることが多いようです。VAPEは、Vapor (蒸気)を語源としていると言われている通俗名詞です。電子タバコは芳香を含んだリキッドと、それを気化するためのアトマイザー、それにUSBで充電可能な二次電池によって構成されています。以前はカートリッジ式のリキッドが主流でしたが、現在はアトマイザーにリキッドを注入して溜めておくタイプが多いようです。日本の電子タバコにはニコチンが含まれていません。薬事法で販売が禁止されているからです。また、火気を使わないので喫煙の代わりとして安心して使うことができます。電子タバコは有害なニコチンを含んでいないだけでなく、燃焼によって生じるタールや一酸化炭素も発生しません。ヘビースモーカーの方で禁煙を考えている人は、電子タバコを使って無理なく禁煙を成し遂げましょう。

自分の好みで設定できるVAPE

タバコを吸っている方には肩身の狭い社会になってしまいました。タバコは体に有害なニチコンやタール、一酸化炭素といった物を発生させ、吸っている本人だけでなく、副流煙によって周りの人にも迷惑をかけています。VAPEを使えば、そういった有害な成分をまき散らすことがなくなります。VAPEとは日本で電子タバコと呼ばれている物で、ニコチンを含んでいません。日本では薬事法によってニコチン入りの電子タバコの販売は禁止されているからです。最近は自分の好みで電子タバコをカスタマイズできるMODという物が売れてきています。それはタバコの箱よりも少し小さい箱型の物で、リキッドを気化させるための電圧やコイルの抵抗値を自由に設定し、自分の好きなように気化させることができるという物です。大きく分けてメカニカルMODとテクニカルMODの2種類があり、保護回路を使っているかどうかで区別しています。スターターキットと違いMODは、アトマイザーやバッテリーを自分でそろえなければなりませんが、電子タバコを自分の好みでカスタマイズしたい方には最適です

VAPE(電子タバコ)は始めやすい趣味です。

VAPE (電子タバコ)は、お金が掛かる上に面倒なイメージが強いですがそんなことはありません。必要な部品・本体が揃っているセット商品・専用のリキッドを購入すれば簡単に始められます。それにタバコよりは、身体を壊さないため長続きしやすいです。毎回捨てカス・有害な煙も出ないため堂々と部屋で吸えます。吸いやすさと大量の煙を出せる特長もあり、楽しさ満載です。またVAPE (電子タバコ)は、色々な味のリキッドを楽しめるので冒険性もあります。最近はカスタードクリーム味やチョコレート味も流行しています。今後も面白くて美味しいリキッドが出るため、VAPE (電子タバコ)はいつ始めても楽しい趣味です。時には目当てのリキッドが、売り切れて悩むこともあります。売り切れた場合はオークションサイトを活用しましょう。入手困難な電子タバコ・リキッドが沢山揃っています。

Comments are closed.