VAPEの日本での安全性

VAPEとは電子タバコのことです。これはタバコの葉を使わずに、香料の入ったリキッドカートリッジを熱して、その蒸発した気体を吸いこむという物です。日本では薬事法によりニコチンの入った電子タバコは禁止されています。それによりニコチンが含まれていない電子タバコを禁煙のための補助用品として利用することも増えてきているようです。電子タバコは火気を使わないので有害なタールや一酸化炭素を発生しません。普通のタバコよりも安全に吸うことができます。日本では未成年でも吸うことができますが、通常の喫煙に誘引する恐れがあるので、未成年には販売しない売店もあるようです。VAPEで爆煙という方法があり、これはリキッドを強く加熱して、たくさんの蒸気を発生させるということです。気化用のアトマイザーを勝手に改造して多量の蒸気を発生させることは、気管支の炎症を引き起こしたり有害な成分を発生させたりするので危険な行為です。

圧倒的な煙の量を楽しめるVAPE

電子タバコVAPEの魅力は、何といっても圧倒的な煙の量です。電子タバコの煙は水蒸気ですが、出始めの頃は煙がでているのかよくわからない程度でしたが、VAPEの煙は本物のタバコと変わらないほどの量です。吸い応えは本物のタバコと変わらない重さがあり、禁煙グッズとしてもとても有効です。煙の量が多いため、口から煙の輪をだすこともできるほどです。昔の電子タバコではこうはいきませんでした。水蒸気は本体にセットしたリキッドといわれる香りのついた液体が元となっており、タバコの香りだけでなく、バニラやローズといった香りもあるため、回りの人に不快に感じられやすいタバコの匂いでないものを楽しめます。あまり周りに迷惑をかけずにタバコを吸っている感覚を得られるため、家の中といった、家族が嫌がる場所でも使用することができるのが大きなメリットです。圧倒的な煙の量を楽しめるVAPEは禁煙に最適なグッズです。

禁煙の補助用品としてのVAPE

ヘビースモーカーの方は、健康のために禁煙をしたいと感じているが、なかなかタバコをやめることができなくて悩んでいることでしょう。タバコには習慣性があり、容易にやめることができません。昔からたくさんタバコを吸っていた方が禁煙すると精神的、肉体的に厳しいものがあります。タバコを吸わないのではなく、代用品を吸えばイライラしている気分を紛らわすことができます。VAPEはタバコを葉を使っていない電子タバコで、香料の入った、リキッドカートリッジを加熱することにより発生した蒸気を吸引する物です。日本で発売されている電子タバコはニコチンが含まれていないので、喫煙の代用品としては最適です。電子タバコにはさまざまな種類があり、デザイン性が強調されています。ファッション性が高いものが多く、趣味として吸う人も多くなってきています。パイプ型や葉巻型などデザインを楽しむ人もいます。

Comments are closed.